総量規制対象外とは?

総量規制と言われているものではない融資と言うのはカードローン等のキャッシングサービスの宣伝を行う際によく利用される表現です。一般的に銀行のサービスを宣伝する際に総量規制対象外と言う言葉を使用します。これは貸金業法における総量規制と言う法律の規制の対象外であると言うことを明確にするための表現です。
総量規制という言葉は貸金業法の中に存在しています。内容としては、年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはならないとするものであり、様々な金融商品の契約の際にも年収の3分の1以上の買い付けが行われないように確認する義務が貸金業者にあるのです。そのためカードローンの契約においても、年収の確認をした上で契約可能な上限金額を確認しなければなりません。契約の際に源泉徴収表の提示を求められるケースがあるのはこのためです。
しかしこの貸金業法は貸金業者にのみ適用される法律であり、銀行を規制する銀行法には存在しないものです。そのため消費者金融で契約することが難しい低所得者や専業主婦等にとっては総量規制対象外の金融サービスであると言う事実は大きなメリットとなるのです。この法律ができるまではカードローン等の契約者の中にお金の借りすぎで自己破産をしてしまうケースが少なからず存在していました。加湿器に上限を定めないことにより経済的に破綻するケースを少しでも抑制することがこの法律の目的であるといえます。総量規制対象外であっても、返済能力を超えた貸付が行われないように注意しなければなりません。