医療脱毛が危険って本当?

医療脱毛は怖いという印象をお持ちの方が多いですが、医療脱毛安いところでも実は最も安全な方法なのです。
むしろ自宅でするシェービング、家庭用マシンのほうが危険度は高いと考えていいでしょう。
自分の肌質を完璧に把握している方は少ないでしょうし、肌に刺激を与える方法で処理をしている方もいます。
医療機関で施術をするのは、すべて医療資格を有したプロなのです。
一般の方が施術をすることはなく、医師や看護師しかマシンの使用はできません。
医療脱毛マシンはレーザー脱毛であり、サロンで取り扱うことはできません。
昔はサロンでも使用していましたが、火傷・炎症などのトラブルが発生したので今は光のみとなっています。

医師は痛いほど処理効果が高いと答えており、これは100%事実なのです。
痛いということはマシンの出力を上げている状態であり、その分だけ減毛効果は高くなっています。
まったく痛くない場合は、出力が弱いので効果も弱くなります。
効果が弱いと処理回数が増えてしまうので、1回あたりの料金は高上がりになってしまうのです。

医療脱毛では麻酔を使えるので、出力を最大限まで上げることができます。
肌トラブルが発生しないギリギリのレベルまで上げるので、非常に高い効果を得ることができます。
もし万が一トラブルが発生しても、医師による治療を受けられるので安心です。
サロンの多くは医療機関と提携していますが、これは万が一のときに治療を受けられるようにするためです。
ムダ毛の処理は医療機関で受ける方法が最も効果的かつ安全なのです。